沖縄アーユルヴェーダプログラム

 

沖縄アーユルヴェーダプログラムの特徴

なぜ、“アーユルヴェーダプログラムを沖縄で開催するか”

沖縄は実はインドとほぼ同じ気候にあたり、インドのアーユルヴェーダ薬草が沖縄の土壌
でも育成することが可能です(実際当校では南城市にアーユルヴェーダ農園を設立し、アー
ユルヴェーダ商品の開発・製造・販売もおこなっています【Samahi プロダクツ】

また、インドのアーユルヴェーダ医学の知恵は、まさに“沖縄のおばあの知恵”とほぼ繋が
り、いわゆる“ヌチグスイ”という考え方そのものが、アーユルヴェーダの教えを同じであ
ることから、沖縄の方は既にアーユルヴェーダを知らず知らずに実践していることになり
ます。おばあの知恵は言葉によって伝えられてきた先人の知恵ですが、アーユルヴェーダは
医学体系として医学書によって伝えられ、よりわかりやすく、医療として病院で行われてい
ます。沖縄のおばあの知恵がどれだけ素晴らしい、無病長寿をもたらすものかを、アーユル
ヴェーダの医学の知恵に基づいて、お伝えするために、沖縄アーユルヴェーダ校を開催して
います。

 

沖縄のヌチグスイ食財は、じつはアーユルヴェーダ医学にとって、すべて、薬として
病院で処方されます。冬瓜、アロエ、うこん、ハイビスカス、サンゴ、ぴぱーつ、ゴーヤなどは
じつはアーユルヴェーダ病院において処方されるほどの薬です。

沖縄では日常的にただ意味を考えずに摂取してることが多いですが、症状によってどう摂
取したら効果的であるかを医学的にご説明することで、沖縄県の食財の価値を高め、更に沖
縄県は現在全国で第1位の糖尿病県であることを沖縄のアーユルヴェーダ食財によって、
改善し、健康長寿第1位を取り戻すためにも沖縄アーユルヴェーダの活動が必須であると
思い、プログラムを開校しています。

沖縄アーユルヴェーダプログラム

また、このたび、那覇の自然療法センター内に、アーユルヴェーダビューティーカレッジの沖縄アーユルヴェーダラボを設立しました。

今後は、血液検査を含む数種類の健康診断を受けながらアーユルヴェーダケアを受け、前後に検査を入れることにより、身体の改善の変化がわかるようになります。
講座にご参加の方で、ご希望の方には、滞在期間中に、以下のセッションを受けることが可能になりました。(受講料には含まれません)。ご希望は方は、あわせてご相談ください。

検査(before)
カウンセリング
トリートメント
食事療法
ハーブレメディ
検査(after)

※健康診断は、完全予約制となっておりますので、
受けられる方は必ず事前にご相談ください。

 

沖縄アーユルヴェーダを受講するメリット

■沖縄自然療法クリニック内で統合医療としてのアーユルヴェーダの学びが可能
■アーユルヴェーダハーブを沖縄アーユルヴェーダ農園にて製造の見学
■琉球大学のウェルネスツーリズムとの連携プログラムを学べます
■行政であるハーブの市“南城市”との地方創生プロジェクトとの連携に参加できます
■沖縄リゾートホテル(ホテルロイヤルオリオン・EMコスタビスタホテル)との連携事業
に参加できます
■北部にある“アーユルヴェーダリトリートセンター”の活用が可能
■医療ツーリズムとのビジネス連携に参加できます

 

 

沖縄定期開講プログラム

沖縄アーユルヴェーダプログラムは月に1回 3日間集中コースで開講されます
受講料は基礎コース 200,000 円(修了証付・クレジットカード決済可能)

沖縄アーユルヴェーダプログラム

開催日程やプログラムの詳細につきましては、以下をご覧ください。

沖縄アーユルヴェーダプログラム

ご予約/お問い合わせ (営業時間:11:00~22:00(最終受付20:00)) : ☎︎ 03-5701-1217