2020.4.22 水曜日

4月6日放送「月曜から夜ふかし」で取り上げられた《奇跡の木!モリンガ》

こんな質問をいただきました。

「最近自粛生活の為ジムにも行けず、食べるばかりで太ってしまい、持病の高血圧やコレステロール値も上がり、糖尿病寸前と宣告されました!ですが、運動施設に行けないのでどうしたらよいでしょう・・・」

そこで今日は、まさに今の状況をこれ一つで解決する奇跡のお助けハーブについてお話しします。

「免疫力」も「デトックス」も両方手に入る奇跡のモリンガハーブがすごい!

 

今はウイルス感染時代ですから、むやみにダイエットをして免疫力を失うことも困りますし、だからといって、このままの自粛生活もストレス過多でつい過食が止まらない。ジムへも行けない。

そんな状況はどの方にも当てはまるお悩みではないですか?

そんな時に、免疫力とデトックス力の両方が一気にできる素敵なものがあったらいいですよね?

それがWHO(世界保健機構)や国連も推奨する最強ハーブ・モリンガです!

ダイエットのためには運動しなきゃダメ?

アーユルヴェーダ医学でお医者様も処方するハーブ薬「モリンガ」

インドでは、「奇跡の木」「不死の木」「母親の親友」「300種類の病気を予防する薬箱の木」

などと呼ばれ、地球上で最も栄養価の高い木と言われています。

と同時に最も効果の早い排毒(デトックス)の木でもあります。

特に排毒力の強いモリンガを摂取することにより、環境は変えられなくても、自らの身体が入れてしまったものをきちんと排毒できる浄化システムを強化するのがモリンガの効能です。不要なものは体からすぐに出す!それをサポートしてくれるのがモリンガ

時代はウイルス感染時代なって、この先の未来も、何百年と汚してしまった地球環境や長年の体内汚染は1日では変えられない、だからこそ、モリンガで自身のデトックス能力をあげ、単に不健康に痩せるだけではなく、ウイルスと共存して行く為の、人間の身体の免疫の強化と排毒のシステムを構築できるモリンガを活用していくことがおすすめです。

これからの未来は「健康は義務」

コロナ太りは解消したいけどダイエットするモチベーションがあがらない方のお助けハーブ!

 

男女ともに多忙な時代に突入しています、手の込んだバランス食事を創ることが難しく、どうしても冷凍食品や缶詰、外部の総菜に頼ってしまいがちな毎日。

また、収入も将来不安の為、沢山の種類の食べ物を購入して献立をつくるのも難しい、

だからこそ、スーパーフードとよばれるたった一つでも完全栄養が摂れるモリンガが便利ですね!

忙しいからこそ、肉食だからこそ、栄養が偏っているからこそ、モリンガでバランス!

アーユルヴェーダでは“口は生きるの入り口”と呼ばれ、何を食べるかによって、心も作られると言われています。

肉食すぎては攻撃的になり、缶詰や冷凍食品の死んだ食べ物では心が死に鬱を誘発するといわれています。

だからこそ、これ一つで体の排毒とダイエットを簡単に摂取できるモリンガをぜひ活用したいですね。

 

実は本当に痩せない原因はメンタルにあった!

私もそうですが、イライラすると、それを開放するかのようにドカ食い!

くよくよすると、不安を埋めるように甘いお菓子を食べてしまう。

そんなことありますよね! 人間だから仕方ない。

勿論ドカ食いした後に、モリンガを飲んでも排出はしてくれますが、あくまで対処療法なので、

ドカ食いしない穏やかなメンタルも保ちたいですね。

実はモリンガは非常に優れたメンタルサポートハーブでもあります!

なぜかというと・・

トリプトファン(精神安定サポート)

モリンガ葉のたんぱく質1gあたりの必須アミノ酸含有量の中で、トリプトファンの推定平均必要量は6gであるのに対して、モリンガでは12gも摂取することができる

トリプトファンというのは、精神の安定に関わるセロトニン(幸せホルモン)やメラトニン(睡眠ホルモン)の合成材料である、よって、うつ病や不眠症による精神のアンバランスを整えてくれる原料を沢山含むのがモリンガである、女性のPMSによる不安定な感情にも効果的といわれていまる

ギャバ(ストレス耐性)

モリンガの葉にはギャバがチーズの15倍もふくまれ、精神も血圧も落ち着ける作用があります。

また、チョコレートなどで最近ギャバをよく見かけるが、ストレス社会に打ち勝つための、会社で食べるスナックのようになっているが、ストレス化で高血圧になったり、ハイテンションになるのを、落ち着かせてくれ、穏やかにある効果もあるんです。すごい!

 

これだけは、知っておきたいモリンガの9個の特徴

モリンガはスーパーフードと呼ばれ、アミノ酸を含む完全栄養素は勿論のこと“機能性”がすごすぎる!

青汁とは比較になりません。地球上で最も栄養価が高い植物といわれ、WHO(世界保健機関)や国連(UN)も推奨しているハーブです。

・免疫力の向上

・便秘の解消

・血糖値上昇の抑制

・血圧の降下

・コレステロール値の低下

・アレルギー症状の改善

・肥満症の改善

・育毛効果

・抗菌効果

インドではモリンガはサンスクリット語で“Shigruシグル”と呼ばれ、原産地はインド北部の樹木です

和名では”わさび科の木“とよばれ、確かに味もピリッとします。

学名は“Moringa Oleifera Lamarck” 英名を”Horse-radish tree”と言います

地球上で最も栄養価の高いハーブなので、「緑のミルク」と呼ばれ、粉ミルクに混ぜて病気で苦しく発展途上国では乳幼児にも与えれています。

 

専門家が作ったアーユルヴェーダモリンガ

 

モリンガは「アーユルヴェーダの奇跡の木」と呼ばれています。

もともとはインド原産でアーユルヴェーダの処方として使われるモリンガは、医学的にも、モリンガが育つ土壌の条件、気候、湿度、薬草としての効能のピークを見定めた収穫時期を考えての栽培が必要になります。

ですからアーユルヴェーダハーブ薬としての拘りを持って栽培しているモリンガです。

弊社のモリンガは“Samadhiサマディ”ブランドのサマディ・モリンガですが、肥沃な沖縄の土地で、農薬を使わず安心に生産しています。あまりに色が綺麗な黄緑色なので、お客様から、着色していますか?と問合せが入るほどです。

アーユルヴェーダ医学から診るモリンガの質

RASA(味)辛味・苦味

GUNA(性質)軽性、乾燥性、鋭性

VIPAKA(消化後の味)辛味

VEERYA(薬力源)温性

Balance for DOSHA(ドーシャバランス) カパ&ヴァータ

それを踏まえると、一般にわかりやすく簡単に説明すると、アーユルヴェーダにはドーシャといわれる体質や体調があり、アーユルヴェーダのエネルギーではヴァータとカパの改善策となり、モリンガを摂取することにより、身体が軽くなり、乾き、熱くなるので、痩身効果や冷えの対策にも非常によいということになります。

モリンガは簡単に摂取できます!

●モリンガミルクやモリンガパン、モリンガ茶、ヨーグルトにモリンガなど

「サマディモリンガ粉末」 購入サイトは以下↓

https://ayurbeauty.thebase.in/items/21517916

●コロナ対策にも喉は健康な物で潤したい

「サマディモリンガキャンディ」

https://ayurbeauty.thebase.in/items/21517973

アーユルヴェーダビューティ―カレッジ 学長

https://www.ayurveda-beauty-college.com/

アーユルウェルネス株式会社 代表取締役

https://ayur-wellness.co.jp/

新倉亜希